借り換えができる

カードローンを利用すると、必ず借り入れた金額とその利息を支払うことになります。会社によっては金利の高いことろ、低いところがあり、それによって支払らわなければならない利息が変わってくるのです。
いま利用している会社の金利が高く、利息が返済の負担になっているのであれば、借り換えをするのが良いでしょう。借り換えをすれば負担する金額を減らすことができます。

一度カードローンを契約してしまうと金利が下がることはほとんどありません。その代わり、債務整理をすすめられることがあります。債務整理は利息がつきません。したがって借り入れた金額を返済すれば良いのです。
これだけ聞くと、返済額の負担を減らすには債務整理が一番良いと思ってしまいそうですが、デメリットがあります。信用情報に残ってしまうということです。そうなると、それ以降クレジットカードやローンが組めなくなってしまいます。

カードローンは総量規制対象外であれば一本化すると金利が安い会社にまとめることができます。これが借り換えです。借り換えは基本的に、今利用している会社よりも良い条件のところに換えるので、メリットが多いのです。
借り換えのメリットは先程も述べたように金利が低くなることです。金利が低くなれば、利息が安くなり毎月の返済の負担が減ります。ただし、借り換えをする時は所定の審査を受けるために総量規制対象であるか確認し、滞納などが多ければ利用できない可能性があるため注意が必要です。